ショート動画アプリ「快手」、22年第1四半期売上高23.8%増 平均MAUは約6億人

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ショート動画アプリ「快手」、22年第1四半期売上高23.8%増 平均MAUは約6億人

続きを読む

ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」を運営する「快手科技(Kuaishou Technology)」が5月24日、2022年第1四半期(1〜3月)決算を発表した。売上高は前年同期の170億1900万元(約3230億円)に比べ23.8%増となる210億7000万元(約4000億円)で、市場予測の205億9900万元(約3910億円)をやや上回った。

純損失は市場予測の64億2000万元(約1220億円)を下回る62億5000万元(約1180億円)だった。調整後の純損失も市場予測の44億6000万元(約840億円)を下回る37億2000万元(約700億円)となった。

平均DAU(1日当たりのアクティブユーザー数)は前年同期比17%増の3億4600億人、平均MAU(月間アクティブユーザー数)は15%増の5億9800万人となり、ユーザー維持率は引き続き改善している。旧正月や北京冬季五輪などのイベント効果や社会的信頼の高まりにより、ユーザートラフィックは前年同期比で50%以上増加した。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録