テンセント「王者栄耀」、22年4月も売上高世界一 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業

テンセント「王者栄耀」、22年4月も売上高世界一 

続きを読む

米モバイルアプリ調査会社のSensor Towerによると、2022年4月の世界モバイルゲーム売上高は、App StoreとGoogle Playの合計で前年同月比4.6%減の70億ドル(約9100億円)となった。

国別のシェアは、米国が売上高19億ドル(約2470億円)で27.7%を占め、引き続き1位となった。2位は中国の20.4%(App Storeのみ)、3位は日本の18%だった。

アプリ別の売上高ランキングは、テンセント(騰訊控股)の「王者栄耀(Honor of Kings)」が前年同月比6.2%増の2億7400万ドル(約350億円)を売り上げて1位の座を守った。中国でのiOS版の売上高が全体の96.4%を占め、海外市場での売上高は3.6%だった。

2位は同じくテンセントの「PUBG MOBILE」とその中国版「和平精英(Game for Peace)」で、売上高は計2億1800万ドル(約280億円)だった。うち中国でのiOS版の売上高が61.7%で、米国市場での売上高が8.8%だった。

3位は「miHoYo(米哈遊網絡科技)」のオープンワールド型アクションRPG「原神(Genshin Impact)」、4位は「King」のパズルゲーム「キャンディークラッシュ(Candy Crush Saga)」、5位はゲームプラットフォームの「ロブロックス(Roblox)」と続いた。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録