クオ氏「アップルはWWDC22でAR / MRヘッドセットとrealityOSをリリースしない」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

クオ氏「アップルはWWDC22でAR / MRヘッドセットとrealityOSをリリースしない」

続きを読む

米アップルの製品に詳しい「天風国際証券(TF International Securities)」のアナリスト、郭明錤(ミンチー・クオ)氏が5月31日のツイートで、「アップルのAR (拡張現実)/ MR(複合現実)ヘッドセットが量産に入るには、まだしばらく時間がかかる」とした上で、「2022世界開発者会議 (WWDC22)で、ヘッドセットと専用オペレーションシステム『realityOS』が発表されることはない」との見通しを示した。

クオ氏はさらに、「アップルの競合他社は、AR / MRヘッドセットのスペックと専用OSのアーキテクチャを確認しようと待ち構えている」とし、「WWDC22で発表されれば、競合他社はすぐにコピー商品の開発プロジェクトを立ち上げるだろう。アップルの優れたアイデアはコピーされ、同社の製品が2023年に発売される前に市場に出回ってしまう」との考えを示した。

アップルのAR / VRヘッドセット、競合品を2~3年先行する処理性能か

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録