TikTok中国版「抖音」が展開するEC事業、1年でGMV3.2 倍に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

TikTok中国版「抖音」が展開するEC事業、1年でGMV3.2 倍に

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

TikTokの中国版「抖音(Douyin)」が運営する電子商取引(EC)プラットフォーム「抖音電商(Douyin Dianshang)」が5月31日、第2回「エコシステム大会」をオンラインで開催した。テック系メディア「 Pingwest(品玩)」が伝えた。

抖音電商総裁の魏雯雯氏は基調講演で、「『興味(インタレスト)EC』は、より良い生活を求めて多様化するユーザーニーズの全てに対応する段階に入った」とした上で、「ショート動画やライブコンテンツ、ショッピングモール、検索など多様な分野の相互接続を通じ、出店者のビジネスをさらなる成長に導いていく」と述べた。

魏氏はまた、「抖音電商の流通取引総額(GMV)は過去1年間(2021年5月1日~22年4月30日)で3.2倍となり、販売アイテム数は100億アイテムを超えた。この成長率は、興味ECに大きなビジネスチャンスがあることを裏付けている」とし、「抖音電商は今後も大きく成長する可能性がある。新たに接続する分野の割合は5割以上を占めるだろう」との見通しを示した。

中国最大のショートムービープラットフォーム「抖音(Douyin)」が展開するEC事業、日本に越境ECチーム設立の背景

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録