中国本土のクラウドサービス支出総額、約9500億円に アリババ、ファーウェイ、テンセントがトップ3:22年1~3月期は

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業特集注目記事

中国本土のクラウドサービス支出総額、約9500億円に アリババ、ファーウェイ、テンセントがトップ3:22年1~3月期は

続きを読む

市場調査会社「Canalys」が6月8日に発表したリポートによると、2022 年1〜3月期は中国本土のクラウドインフラサービスへの支出額が前年同期比 21%(13億ドル、約1700億円)増の 73 億ドル(約9500億円)となり、世界全体の13%を占めた。支出額は予想を下回ったものの、中国市場は引き続き世界のクラウドサービス市場の成長をリードしている。

中国のクラウドインフラサービス市場の勢力構造に大きな変化はなかった。クラウドサービスプロバイダー上位4社のアリババクラウド(阿里雲)、ファーウェイクラウド(華為雲)、テンセントクラウド(騰訊雲)、バイドゥスマートクラウド(百度智能雲)が、中国本土の支出額の79%を占めた。4社への支出額は前年同期比で19%増加した。

アリババクラウドは支出全体の36.7%(支出額は前年同期比12%増)を占めてシェア1位の座を守った。2位はファーウェイ・クラウドで18%(同11%増)、3位はテンセントクラウドで15.7%、4位がバイドゥ・スマートクラウドで8.4%(同43%増)だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録