アップル受託製造企業、ベトナムで人材争奪戦 フォックスコンが競合企業を非難

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

アップル受託製造企業、ベトナムで人材争奪戦 フォックスコンが競合企業を非難

続きを読む

米アップルが生産能力の一部を中国からベトナムに移す中、同社製品の製造を受託する「富士康科技集団(Foxconn Technology Group)」(以下、フォックスコン)が、人材争奪戦に巻き込まれていることが分かった。

フォックスコン董事長の劉揚偉氏は6月11日、中国の競合他社が同社のベトナム工場付近で事業を立ち上げ、従業員の引き抜きを図っていると指摘。具体的な企業名は伏せたが、「このような行為は容認できない」と主張した。

フォックスコンのベトナム工場は、アップルにとって中国以外では最大の製造拠点だ。従業員は約6万人で、今後も増員を計画している。

ベトナムでフォックスコンと競合する中国企業は、AirPodsを製造する「立訊精密工業(ラックスシェア)」 と「Goertek(ゴアテック)」、iPadの製造を準備中の「比亜迪電子(BYDエレクトロニック)」の3社となっている。

米アップル、iPad生産の一部をベトナムに移管

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録