CMOSイメージセンサー開発の「芯視達」、約60億円調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

注目記事

CMOSイメージセンサー開発の「芯視達」、約60億円調達

続きを読む

CMOSイメージセンサー(CIS)の研究開発を手掛ける「芯視達(CISTA)」が6月17日、シリーズC2で約3億元(約60億円)を調達した。ここ最近のCIS業界では最大規模の調達額となった。同社は2020年、シリーズC1の資金調達を完了している。

2013年に設立された芯視達は、CISの自社開発に特化したハイテク企業で、主にハイエンド・ミドルレンジ市場に注力してきた。スマートフォン、セキュリティ、車載機器、ウェアラブルデバイス、AI+IoTなどの分野にCISチップを提供している。

同社は上海市に本社を構え、支社を広東省深圳市、江蘇省鎮江市、香港、韓国などに支社を置き、米国に研究開発センターを設けている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録