テンセント、「車・クラウド一体化」戦略を発表 スマートモビリティに特化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント、「車・クラウド一体化」戦略を発表 スマートモビリティに特化

続きを読む

中国IT大手テンセント(騰訊)のスマートモビリティ部門「騰訊智慧出行(Tencent Intelligent Mobility)」が6月24日、2022年の新製品発表会「TIME Day」をオンラインで開催した。

「自動車・クラウド一体化」戦略の一環として、スマートモビリティに特化したワンストップ型クラウドソリューション「騰訊智能汽車雲」と、クラウドからデバイスまでを連携させる自動車用安全ソリューション「騰訊一体化汽車安全方案」を発表した。

車載向けのプロダクトとしては、スマートコックピット向けソリューション「TAI」やスマートドライビング向けマップ「騰訊智駕地図」、ミニプログラムを使うためのオペレーティングシステム「車載小情景」などを打ち出した。SNSアプリ「微信(WeChat)」のモビリティサービス用ミニプログラム「騰訊出行服務」などと連携させれば、スマートフォンと自動車とがシームレスにつながる。

また、自動車の開発から製造、マーケティング、運用、アフターサービスまでの各段階をカバーする自動車産業向けクラウドソリューションも発表した。テンセントは、自動車産業全体が効果的かつデジタルに連携できるよう、自動車・クラウド一体化モデルを通じて自動車、スマホ、クラウドをリンクさせる。同時に、データ駆動型のクローズドループを築き、産業の各段階での生産効率を向上させていく。

騰訊智慧出行のクラウドサービスを導入している企業は、自動車メーカーやモビリティ技術を手掛ける企業など、すでに100社以上。テンセントのスマートコックピット関連プロダクトを採用している自動車メーカーは35社以上に上るという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録