TikTokのEC事業部門、英国に現地倉庫設置へ 中国からの配送時間を大幅短縮

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

TikTokのEC事業部門、英国に現地倉庫設置へ 中国からの配送時間を大幅短縮

続きを読む

中国ネット大手のバイトダンスが運営する動画共有プラットフォーム「TikTok」の電子商取引(EC)事業部門が、英国の現地倉庫で商品在庫を管理する「海王(Aquaman)プロジェクト」の立ち上げ準備を進めていることが分かった。中国のビジネスメディア「晚点(LatePost)」が伝えた。

商品の在庫管理から発送までを一括して行う米アマゾンの独自システム「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を参考に、売れ行きが安定している商品の一部を英国の倉庫で保管し、配送時間の短縮を図る。

現在のところ、中国から発送した商品が英国の配送先に到着するまでの日数は、少なくとも10~15日となっている。1カ月以上を要する場合も多い。試算によると、「海王プロジェクト」がスタートすれば、この日数を3〜5日に短縮できる。

同社は現地倉庫を設置する一方で、中国国内にも物流倉庫を設立する。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録