中国商用サービスロボット大手「普渡科技」、再び大規模リストラを実施

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国商用サービスロボット大手「普渡科技」、再び大規模リストラを実施

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の商用サービスロボット大手「普渡科技(Pudu Technology)」が、再びリストラを実施した。同社の張涛CEOは7月4日午前2時、「会社を存続させるために苦渋の決断を下さざるを得なくなった。もう一度、事業とチームをスリム化する」という内容のメールを全社員に送った。

36Krの取材に応じた同社社員は「2021年12月、22年2月、6月、7月と計4回のリストラが行われた。21年には最大で3000人以上いた社員が、6月のリストラ終了後には1300人しか残らなかった」と説明した。

2016年に設立された普渡科技は、資金調達をシリーズC+まで進めている。21年5月のシリーズCと9月のシリーズC+で計約10億元(約200億円)を調達し、大規模な事業拡大を開始した。

調査会社IDCが発表した「中国飲食業界向け商用サービスロボット市場シェアリポート」によると、21年のシェア1位は「擎朗智能科技(KEENON)」(48.6%)、2位が普渡科技(25.9%)、3位は「穿山甲機器人(CSJBOT)」(5.4%)となっている。

複数の投資家によると、普渡科技は22年初めから評価額100億元(約2000億円)を提示し、新たな資金調達を模索している。1億ドル(約130億円)以上の調達を希望しているが、現在のところ資金調達は完了していないという。

中国外食産業用サービスロボット市場、急成長 シェア1位は48.6%のKEENON

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録