抖音(douyin)、生活関連サービス事業快進撃 上半期のGMVは約4400億円

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業

抖音(douyin)、生活関連サービス事業快進撃 上半期のGMVは約4400億円

続きを読む

中国ネット大手、字節跳動(バイトダンス)傘下の動画投稿プラットフォーム「抖音(Douyin)」の 生活関連サービス事業「抖音本地生活」が、2022年の通期目標「流通取引総額(GMV)500億元(約1兆円)」達成に向けて快進撃を続けている。

上半期のGMVは約220億元(約4400億円)で、内訳は1~3月期が100億元(約2000億円)超、4~6月期が110億〜120億元(約2200億〜2400億円)だった。21年に通期目標として掲げたものの達成できなかった200億元(約4000億円)をわずか半年で突破したことになる。

上半期のGMVのうち、共同購入へのリンクが設定されたショート動画の貢献度が7割近くに上った。関係者によると、抖音内部では年内にライブ配信の貢献度を35%以上とすることを目標としており、10〜12月期までにショート動画とライブ配信の貢献度を5割ずつとする計画もあるという。

6月時点で、抖音本地生活を通じてサービスを提供する事業者は15万社に達し、共同購入を募る事業者も4万社増加した。主なジャンルは、飲食店やエンターテインメント施設、宿泊施設などとなっている。

関係者によると、抖音が22年に重点的に展開しようとしているジャンルは、親子向けのアクティビティや旅行、スポーツ・フィットネス、美容などだという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録