中国ゲーム市場、上半期は売上高・ユーザー数共に減少

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社

中国ゲーム市場、上半期は売上高・ユーザー数共に減少

game
続きを読む

【新華社北京7月24日】中国浙江省紹興市の上虞区で21日、2022中国ゲーム産業革新発展フォーラムが開催され、中国音像・デジタル出版協会(CADPA)の張毅君(ちょう・きくん)第一副理事長が「2022年上半期(1~6月)中国ゲーム産業報告」を発表し、詳細な解説を行った。

報告書によると、中国ゲーム市場の上半期の売上高は前年同期比1.8%減の1477億8900万元(1元=約20円)で、ここ数年で初めて前年同期を下回った。ゲームユーザー数も0.1%減少した。売上高とユーザー数が共に減少したことはゲーム産業の「人口ボーナス」がほぼ消失し、業界が既存ユーザーを巡る競争の時代に入ったことを示している。

上半期、中国企業が独自開発したオンラインゲームの売上高は4.3%減の1245億8200万元。市場全体が低迷する中、国内市場における国産ゲームの人気は大幅に落ち込んでいる。国産ゲームの海外市場での売上高は6.2%増の89億8900万ドル(1ドル=約136円)に達し、比較的安定した成長を維持していたが、広告コストの増大や貿易障壁の高まりにより、海外市場の成長も鈍化しており、伸び率は前年同期を下回った。

モバイルゲーム市場の売上高は3.7%減の1104億7500万元。上半期は新たなヒット作を欠き、売上高は既存製品が支えとなった。ユーザーの携帯電話買い替え意欲の低下もモバイルゲーム市場の縮小につながった。

eスポーツゲーム市場の売上高は11.6%減の637億1200万元。リアル開催の大会が大幅に減少し、ライブ配信のコンテンツ供給が不足したことで、ユーザーのオンラインゲームへの参加意欲や課金意欲が大きく減退し、売上高が大幅に減少した。

この他、カジュアルゲーム市場の売上高は0.1%増の169億6800万元だった。

22年上半期世界モバイルゲーム売上高、5兆6800億円 中国勢がトップ3独占

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録