ローソン、中国で5000店舗突破 外資系コンビニで最多

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ローソン、中国で5000店舗突破 外資系コンビニで最多

続きを読む

ローソンはこのほど、中国で5000店舗目の店舗をオープンした。中国連鎖経営協会が7月7日に発表したランキング「2021年中国コンビニエンスストアTOP100」によると、中国におけるローソンの店舗数は、21年末時点で4466店舗だった。以降わずか半年余りで534店舗を出店したことになる。

ローソンの出店ペースは、同じく外資系のファミリーマートとセブンイレブンを超えた。21年末時点の店舗数は、ファミリーマートが2902店舗、セブンイレブンが2893店舗だった。

ローソンは1996年、中国市場に進出し、上海市に1号店をオープンした。当初は江蘇省、浙江省、上海市の一帯を中心に出店していたが、2017年からは全国展開のペースを加速している。

ローソン、中国進出25年目でようやく黒字化 なぜ中国でのコンビニビジネスが難航するか

ローソン、中国で店舗数最多の日系コンビニに 進出して25年で黒字化した歩みを解説

(36Kr Japan編集部)

 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録