中国EVの理想汽車、高速道路で車両火災 事故原因は調査中

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EVの理想汽車、高速道路で車両火災 事故原因は調査中

続きを読む

中国四川省の高速道路「成渝地区環線高速公路(G93)」で8月1日、車両火災事故が発生した。事故車両は新興電気自動車(EV)メーカー「理想汽車(Li Auto)」のプラグインハイブリッド車(PHEV)「理想ONE」で、激しく破損し、消火後には骨組みしか残らなかった。

怪我を負った乗客が病院に搬送されたが、命に別状はない。事故当時、現場では雨が降っていたという。

中国経済紙「毎日経済新聞(NBD)」によると、理想汽車は「事故の具体的な原因については、消防部門のさらなる調査と分析を待つ必要がある。(事故の当事者である)ユーザーと緊密に連絡を続け、ユーザーが善後策を講じるのをサポートしていく」と説明した。

理想ONEの7月の納車台数は前年同月比21.3%増の1万400台で、1〜7月の累計納車台数は7万800台となった。

中国EVの理想汽車、2車種目となるSUVを発売 価格は約920万円

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録