中国CATL、米テスラに新型電池供給 23年発売の「Model Y」に搭載

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国CATL、米テスラに新型電池供給 23年発売の「Model Y」に搭載

続きを読む

中国車載電池大手の寧徳時代(CATL)が2022年10〜12月期、米電気自動車(EV)大手のテスラに新型電池「M3P」を供給することが分かった。電池容量72kWhの電池パックを搭載する新型車「Model Y」に用いられる。同車種は23年初めに発売される。中国メディア「晚点(LatePost)」が報じた。

M3Pの正極材に使用されるリン酸マンガン鉄リチウム(LMFP)材料は、「深圳市徳方納米科技(Shenzhen Dynanonic)」が提供する。同社は22年7〜12月期、LMFP材料11万トンの生産を計画している。LMFP材料とは、リン酸鉄リチウム (LFP)材料にマンガンを添加したものを指す。

CATLは、三元系(NCM)材料をLMFP材料に混ぜてM3Pの正極材とし、LMFP電池の弱点、寿命の短さと内部抵抗の高さを解決した。M3Pのエネルギー密度は一般的なLFP電池よりも15〜20%向上し、最大で210Wh/kgに達するが、コストはLFP電池と同等だとういう。

EV向け駆動用電池業界では、LMFP電池がLFP電池に取って代わり、リン酸塩系電池の主流になるとみられている。駆動用電池の現在の主流は、LFP電池と三元系リチウム電池で、22年1〜6月の搭載量の割合はそれぞれ58.5%と41.4%だった。

中国CATL、メキシコにバッテリー工場 テスラとフォード向け

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録