中国カフェ大手「luckin coffee」、4~6月の売上高660億円 前年同期比72.4%増

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国カフェ大手「luckin coffee」、4~6月の売上高660億円 前年同期比72.4%増

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国カフェチェーン大手「瑞幸咖啡(luckin coffee)」が8月8日、2022年4〜6月期決算を発表した。

売上高は前年同期比72.4%増の約33億元(約660億円)、純損益は1億1470万元(約23億円)の赤字で、その中には株主訴訟に伴う損失引当金2億7680万元(約55億円)と法人税1億180万元(約20億円)が含まれる。

前年同期は2100万元(約4億円)の黒字だった。非GAAPベースの純損益は2億6750万元(約54億円)の黒字で、前年同期の9200万元(約18億円)の黒字を大きく上回った。

店舗数は、4~6月に615店舗増加し、22年6月末時点で計7195店舗(直営店4968店舗、提携店2227店舗)となった。

luckin coffeeは同日、公式サイトで幹部人事の異動を発表した。Reinout Hendrik Schakel氏に代わり、同日付で安静氏が最高財務責任者(CFO)に就任し、Schakel氏は引き続き最高戦略責任者(CSO)を務める。今回の人事異動で、不正会計が発覚した当時の経営陣は全て入れ替わったことになる。

中国コーヒーチェーン「luckin coffee」、創業5年で初の黒字=22年1〜3月期

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録