インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

インド政府、2万円未満の中国製スマホを販売禁止へ 

phone
続きを読む

インド政府は、1万2000ルピー(約2万円)未満の中国製スマートフォンの国内販売を禁止し、業績の落ち込みが続く国内スマホ業界を後押しする方針だという。中国経済系メディア「界面新聞(Jiemian.com)」が8月8日、海外メディアの報道を引用して伝えた。

この方針により、小米科技(シャオミ)やrealme、伝音(Transsion)などの中国スマホブランドが、軒並み打撃を受けるとみられる。  

調査会社「Counterpoint」によると、2022年4~6月期にインドで販売されたスマホのうち、1万2000ルピー未満の製品が約3割を占めた。しかも、そのうちの8割が中国製だった。

中国スマホメーカー、インド市場で逆風強まる Honorは市場撤退か

調査会社「Canalys」によると、同期におけるインドのスマホ出荷台数は3640万台だった。メーカー別では、シャオミが700万台で1位となった。2位には670万台で韓国のサムスン電子が入ったものの、3位は610万台のrealme、4位は600万台のvivo、5位は550万台のOPPOと中国ブランドばかりがランクインした。

22年4~6月、印スマホ出荷台数3640万台 シャオミが首位、上位5社中4社が中国メーカー

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録