ファーウェイ、22年上半期売上高は5.87%減の約5.9兆円 スマホシェアは「圏外」に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ファーウェイ、22年上半期売上高は5.87%減の約5.9兆円 スマホシェアは「圏外」に

続きを読む

中国の通信機器大手のファーウェイ(華為技術)は8月12日、2022年1~6月期決算を発表した。売上高は3016億元(約5兆9000億円)で、前年同期の3204億元(約6兆3000億円)から5.87%減少した。純利益率は5%だった。

事業別で見ると、通信事業者向け事業の売上高は前年同期比4.24%増の1427億元(約2兆8000億円)、法人向け事業は27.51%増の547億元(約1兆800億円)、端末事業(旧コンシューマー事業)はサプライチェーンの問題などが原因で25.35%減の1013億元(約2兆円)となった。

複数の調査機関が発表したここ半年のデータによると、中国国内のスマートフォン市場におけるファーウェイのシェアは、ライバル企業から差をつけられている。米調査会社IDCのデータによると、22年1〜6月の中国スマホ出荷台数は前年同期比14.4%減の約1億4000万台だった。メーカー別では、1位がファーウェイから独立したHonor(栄耀)、2位vivo、3位OPPO、4位シャオミ(小米科技)、5位アップルの順だった。ファーウェイは圏外で「その他」にまとめられた。

アップルがハイエンドスマホ市場でシェア62%を獲得 ファーウェイ大幅減ー22年1~3月期

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録