ショート動画の快手、法人向けクラウドブランド「StreamLake」を立ち上げ 動画処理チップも発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

ショート動画の快手、法人向けクラウドブランド「StreamLake」を立ち上げ 動画処理チップも発表

続きを読む

ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」を運営する「快手科技(Kuaishou Technology)」は8月10日、動画配信システムのクラウドサービスを手掛けるブランド「StreamLake」を立ち上げ、法人向け市場に参入したと発表した。

StreamLakeは、主に「ビデオ」事業と「人工知能(AI)」事業を展開し、動画を活用して業績向上を図る企業に向け、総合的なソリューションを提供していくという。

快手科技の高級副総裁でStreamLake事業の責任者、于冰氏は、快手科技はAIおよびオーディオ・ビデオ事業を重視しているとした上で、ライブ配信向け動画処理チップ「SL200」とその関連ソリューションを開発したことを明らかにした。同チップはすでにテープアウトし、現在オンラインで内部テスト中だという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録