シャオミ、人型ロボット「CyberOne」を発表 45種類の感情を識別

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

シャオミ、人型ロボット「CyberOne」を発表 45種類の感情を識別

続きを読む

中国スマートフォン大手の小米科技(シャオミ)は8月11日、秋季発表会を開催した。折りたたみ式ディスプレー搭載の「Xiaomi Mi MIX Fold 2」と高い処理性能を誇る「Redmi K50 Supreme Edition」の最新スマホ2機種に加え、同社初となる等身大の人型ロボット「CyberOne」が発表された。

シャオミの雷軍・最高経営責任者(CEO)によると、CyberOneは同社のロボット研究所「小米機器人実験室」で開発され、人間の感情を理解できる高い感情知能、現実世界を3次元仮想空間として再現・認識できる鋭敏な視覚、2足歩行時に運動姿勢のバランスをとることができる発達した「小脳」、最大トルク300Nmで動く強い四肢という4つの特長を備えているという。

CyberOneは身長177cm、体重52kgで、片手で3kgのものをつかみ上げることができる。聴覚・視覚関連センサーで周囲の情報を収集し、人間の声から6カテゴリー・45種類の感情を識別すると同時に、85種類の環境音を認識することが可能となっている。

2足歩行の人型ロボットは、4足歩行ロボットよりも強力なモーター、より多くの自由度(DoF)、2足歩行を制御するためのアルゴリズムを必要とする。CyberOneは21の自由度(DoF)に対応し、人間の動きを完全にシミュレートできるという。

雷CEOによると、CyberOneは米テスラの2足歩行ロボット「Tesla Bot」と同様、人間をサポートするために補助的な作業を実行するという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録