中国EV「小鵬汽車」、新型SUV「G9」を9月発売 800Vの高電圧充電システム採用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国EV「小鵬汽車」、新型SUV「G9」を9月発売 800Vの高電圧充電システム採用

続きを読む

中国の新興電気自動車(EV)メーカー「小鵬汽車(Xpeng Motors)」がこのほど、新型SUV(多目的スポーツ車)「G9」を9月に発売すると発表した。

同車種は、シリコンカーバイド(SiC)系のパワー半導体を搭載し、800Vの高電圧で稼働する駆動システムを採用したことで、総合航続距離が5%向上。5分間の充電で航続距離を200km延長することができるという。

充電プラットフォームを従来の400Vから800Vにバージョンアップする上で、最も大きく変化したのがパワー半導体と電池の負極だ。中でもSiC系のパワー半導体は、高耐圧、低損失、高スイッチング周波数という特長を持つため、将来的にはシリコン(Si)系のパワー半導体に取って代わるとされる。

すでに多くの自動車メーカーが、800V急速充電ソリューションを展開している。独ポルシェは、2019年に発表したEV「タイカン(Taycan)」に世界初の「800Vアーキテクチャー」を採用。800VのDC急速充電システムを搭載し、350kWの高出力急速充電に対応した。

その後、韓国の現代自動車グループ傘下の「起亜自動車(Kia Motors)」や独アウディなどの海外メーカーだけでなく、中国からも小鵬汽車のほか、比亜迪(BYD)や長城汽車(Great Wall Motor)、広州汽車集団傘下の「広汽埃安新能源汽車」(GAIC AION)などが相次いで800V急速充電ソリューションを発表した。

中国の証券会社「民生証券」の調査報告書によると、世界の800Vアーキテクチャーを搭載した新エネルギー車は今後3年間、年平均成長率(CAGR)189.2%で増加し、2025年には215万3000台に達すると予測されるという。

中国EV「小鵬汽車」、アシスト運転で死亡事故 故障車に猛スピードで追突

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録