オンライン医療の「平安健康」、22年上期の売上高約567億円  課金ユーザ数4000万人超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

オンライン医療の「平安健康」、22年上期の売上高約567億円  課金ユーザ数4000万人超

続きを読む

中国保険大手「中国平安保険(Ping An Insurance)」傘下でオンライン医療・ヘルスケアプラットフォーム「平安好医生(Ping An Good Doctor)」を手掛ける「平安健康医療科技(Ping An Healthcare and Technology )」がこのほど、2022年1〜6月期決算を発表した。売上高は28億3000万元(約567億円)、粗利率は27.3%だった。うち、医療サービス事業の粗利率は21年7〜12月期より13.3ポイント増加し、39.1%となった。

21年7月〜22年6月の12カ月で、課金ユーザー数は順調に伸びて4000万人を超え、コンサルティングサービスの提供回数は延べ13億回超と業界トップを維持した。サービスを提供した企業は累計749社となった。

22年6月末時点で、同社のプラットフォームには国内外の医師1500人余りのほか、フィットネストレーナーや栄養士、心理カウンセラーなど計4万9000人近くが登録されている。22年1〜6月期中には医療機関3000カ所と提携を結んだ。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録