TWSイヤホン、Apple「エアポッズ」シェア縮小 インフレ影響で安価な製品が台頭

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

TWSイヤホン、Apple「エアポッズ」シェア縮小 インフレ影響で安価な製品が台頭

続きを読む

米市場調査会社「Strategy Analytics」はこのほど、Bluetooth完全ワイヤレス(TWS)イヤホンが2022年および23年に成長すると予測するリポートを発表した。それによると、米アップルはトップを走り続けているが、インフレによる安価なデバイスへの乗り換えで、同社の市場シェアは縮小しているという。

アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods(エアポッズ)」シリーズは発売以来、TWSイヤホンの世界市場シェア1位を維持している。ただ技術の発展に伴い、TWSイヤホンの分野に参入する電子製品メーカーやオーディオメーカーが増加し、競争が激化しつつある。

現在ではコストパフォーマンスに優れたメーカーの優位性が顕著になりつつあり、シャオミ(小米科技)やサムスン、「JBL」、「JLab」、「Edifier(エディファイア)」といったブランドが徐々に市場シェアを拡大し始めている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録