人気ゲーム「原神」、リリース2年で売上高5000億円超 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集編集部お勧め記事注目記事

人気ゲーム「原神」、リリース2年で売上高5000億円超 

続きを読む

米モバイルアプリ調査会社のSensor Towerがこのほど、中国ゲーム大手「miHoYo(米哈遊網絡科技)」が2020年9月28日にリリースした人気ゲーム「原神(Genshin Impact)」に関するリポートを発表した。

過去2年間(20年9月28日~22年9月26日)の売上高は、App StoreとGoogle Playだけで37億ドル(約5350億円)となり、世界モバイルゲーム売上高ランキングで3位に入った。1位はテンセント(騰訊控股)の「王者栄耀(Honor of Kings)」で55億ドル(約7960億円)、2位は同じくテンセントの「PUBG MOBILE」で49億ドル(約7090億円)だった。

地域別では、中国がiOS版だけで全体の約33%に当たる12億ドル(約1730億円)を売り上げて1位。2位は日本の24%、3位は米国の17%だった。中国以外の国・地域での売上高は25億ドル(約3610億円)に上ったことは注目に値する。

四半期売上高が過去最高となったのは21年7~9月期で、9月に実施されたリリース1周年の大型アップデートと重なり、世界で6億1600万ドル(約890億円)を売り上げた。

無名だった「原神」が中国トップクラスのゲームとなった理由

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録