中国車載電池大手「CALB」、香港上場 時価総額約1兆2000億円超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国車載電池大手「CALB」、香港上場 時価総額約1兆2000億円超

続きを読む

中国車載電池大手の「中創新航科技(CALB)」が10月6日、香港証券取引所に上場した。車載電池メーカーの同取引所上場は初めて。同日の取引終了時点の時価総額は670億香港ドル(約1兆2000億円)超となった。

CALBは2007年に設立。旧社名は「中航鋰電科技」で、本社を江蘇省常州市に置く。リチウムイオン電池、バッテリーマネジメントシステム、エネルギー貯蔵用電池とその関連製品、リチウム電池材料の研究開発・生産・販売および市場での活用を手がけ、「広州汽車集団(GAC Motor)」「長安汽車(Changan Automobile)」「上汽通用五菱汽車(​SGMW​)」「零跑汽車(Leap Motor)」「小鵬汽車(XPeng Motors)」など大手電気自動車(EV)メーカーの主要サプライヤーとなっている。

目論見書によると、CALBの売上高は19年が17億3400万元(約350億円)、20年が28億2500万元(約580億円)、21年が68億1700万元(約1390億円)で、粗利益は19年が8326万元(約17億円)、20年が3億8500万元(約78億円)、21年が3億7800万元(約77億円)のように推移している。22年1~6月期の売上高は、前年同期の26億元から252%増となる91億6700万元(約1870億円)だった。

中国汽車電池創新連盟(CABIA)より

CALBは現在、寧徳時代新能源科技(CATL)、比亜迪(BYD)に次ぐ中国3位の車載電池メーカーとなっている。22年1~8月の同社の車載電池搭載量は11.38ギガワット時(GWh)で、すでに21年の搭載量を上回っている。中国市場でのシェアは7.02%だった。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録