中国新興EV9月販売台数:1位はNETA、2位はV字回復の理想汽車

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集編集部お勧め記事注目記事

中国新興EV9月販売台数:1位はNETA、2位はV字回復の理想汽車

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の主要新興電気自動車(EV)メーカーが、2022年9月の販売台数を発表した。1〜4位は哪吒汽車(NETA)、理想汽車(Li Auto)、零跑汽車(Leap Motor)、蔚来汽車(NIO)の順で、いずれも1万台を超えた。5位の小鵬汽車(XPeng Motors)は前月に続き1万台を割り込む結果となった。

販売台数1〜5位のデータは以下の通り。

1位:NETA 1万8005台

NETAの9月の販売台数は前年同月比134%増の1万8005台。27カ月連続で前年同月を上回った。1〜9月の累計販売台数は前年同期比168%増の11万1190台となった。

2位:理想汽車 1万1531台

理想汽車の9月の販売台数は前年同月比62.5%増、前月比152.3%増の1万1531台。5000台を割り込んだ前月からV字回復を果たした。1〜9月の累計販売台数は8万6927台となった。

3位:零跑汽車 1万1039台

零跑汽車はここ2年で急成長し、頭角を現した新興EVメーカーだ。9月の販売台数は前年同月比200%増、前月比11.4%減1万1039台だった。安定的に販売台数を伸ばしており、1〜9月の累計販売台数は8万7602台となった。

4位:NIO 1万878台

NIOの9月の販売台数は前年同月比29.3%増、前月比1.9%増の1万878台だった。1〜9月の累計販売台数は前年同期比24.2増の8万2434台となった。同社はかつて新興EVのトップメーカーだったが、徐々に順位を落としている。

5位:小鵬汽車 8468台

小鵬汽車の9月の販売台数は前年同月比18.67%減、前月比11.59%減の8468台。上位5社のうち、前月比で販売台数を落とし、1万台を下回ったのは同社だけだった。しかし、1〜9月の累計販売台数は前年同期比75%増の9万8553台と好調で、すでに21年通期の販売台数を超えている。

中国新興EV8月販売台数:1位はNETA、4位にファーウェイ傘下のAITO

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録