世界大学ランキング、アジアのトップは清華大学 東大は6位

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

世界大学ランキング、アジアのトップは清華大学 東大は6位

続きを読む

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が10月12日、最新の世界大学ランキング「THE World University Rankings 2023」を発表した。

1位は7年連続で英国のオックスフォード大学。アジア1位には中国の清華大学が選ばれた。

同ランキングは、「教育(教育環境)」「研究(論文数、収入、評判)」「論文の引用頻度(研究の影響力)」「産業界からの収入(知の移転)」「国際性(教員、学生、研究)」の5分野を評価。評価の割合は、教育、研究および論文の引用頻度が各30%、産業界からの収入が2.5%、国際性が7.5%となっている。

アジアでは、清華大学が1位(世界16位)、北京大学が2位(世界17位)となり、中国勢が4年連続でトップ2を占めた。3〜5位は、シンガポール国立大学(NUS)、香港大学、南洋理工大学(NTU)。東京大学は6位(世界39位)だった。

「世界大学ランキング・アジア版2022」、1・2位は中国清華大・北京大 東大は6位

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録