中国「拼多多」の越境ECアプリ「Temu」、米App Storeのショッピングカテゴリで5位に 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国「拼多多」の越境ECアプリ「Temu」、米App Storeのショッピングカテゴリで5位に 

続きを読む

中国の共同購入型電子商取引(EC)大手「拼多多(Pinduoduo)」の越境ECアプリ「Temu」が、米国のApp Storeでショッピングアプリカテゴリの5位にランクインした。1位は「Amazon Shopping」、2位は「SHEIN」、3位は「Walmart」、4位は「Shop」だった。中国メディア「界面新聞」が報じた。

Temuは9月1日、中国国外で正式にサービスを開始。初期の顧客獲得戦略として、低価格、新規登録者の送料無料、全ジャンルでの割引、既存ユーザーによる新規ユーザーの勧誘などを展開している。すでに一部のソーシャルメディアには、既存ユーザーが投稿した招待リンクが現れている。新規ユーザーがそのリンクを利用して買い物をすると、両者とも4割引のサービスを受けられる仕組みになっている。

中国共同購入EC「拼多多」、越境事業「Temu」開始 驚異的な低価格で米国で人気博す

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録