テスラ、中国における7~9月の売上高約7600億円 全体の約24%占める

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テスラ、中国における7~9月の売上高約7600億円 全体の約24%占める

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラが10月24日、米国証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、2022年7~9月期の中国での売上高は前年同期比64.8%増の51億3100万ドル(約7600億円)となった。前年同期は31億1300万ドル(約4600億円)だった。

テスラ全体の7~9月期の売上高は前年同期比56%増の214億5400万ドル(約3兆1900億円)。うち、米国での売上高は59.59%増の102億3600万ドル(約1兆5200億円)、米国と中国を除く市場での売上高は43.9%増の60億8700万ドル(約9100億円)だった。

前年同期比の売上高成長率から見ると、中国市場が最も急速に成長を遂げていることが分かる。中国での売上高が全体に占める割合も、前年同期の22.63%から23.92%に上昇している。

納車データによると、当期の納車台数は計34万3000台余りだった。中国の自動車業界団体「乗用車市場信息聯席会(CPCA)」のデータによると、テスラ中国法人は当期中に中国市場で12万6千台を販売し、全体の36.73%を占めた。

テスラ中国法人は10月24日午前に主力車種の値下げを発表したばかりだ。今回の値下げは、販売促進のための主な手段の1つだとみられる。

米テスラ、中国で「モデル3」「モデルY」を再び値下げ 約540万円から

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録