テスラ、中国本土の充電ステーション1300カ所以上 充電設備は9300基余りに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テスラ、中国本土の充電ステーション1300カ所以上 充電設備は9300基余りに

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラの公式情報によると、同社の充電ネットワークは2012年以降、世界46カ国に広がり、計3万5000基以上の充電設備「スーパーチャージャー」が設置されたという。

中国本土では、最初のスーパーチャージャー・ステーションが14年、上海市浦東新区の金橋地区に完成。これまでに1300カ所以上のステーションが開設され、9300基以上のスーパーチャージャーが設置されてきた。

テスラが10月20日発表した2022年7〜9月期決算によると、売上高は前年同期比56%増の214億5400万ドル(約3兆1600億円)、販売台数は42%増の34万3830台だった。

米テスラ、中国で6月に充電ステーション32カ所新設

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録