テンセントゲームズ、 カプコンと『モンスターハンター』のアプリゲームを共同制作

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセントゲームズ、 カプコンと『モンスターハンター』のアプリゲームを共同制作

続きを読む

Tencent Games(テンセントゲームズ)傘下の開発スタジオ「TiMi Studio Group」(以下、TiMi)と株式会社カプコンは11月8日、『モンスターハンター』シリーズの新作アプリゲームを共同制作中だと発表した。同ゲームは、シリーズ累計販売本数8800万を誇る人気シリーズとなっている。

今回初となるTiMiとカプコンの提携では、両社の持つ技術や経験またその強みを活かし、モバイル上で全く新しい『モンスターハンター』を展開し、世界中のファンに届けていく。

TiMi はテンセントゲームズの子会社として、グローバルなビデオゲーム開発・運営をする。中国の深圳に本社を構え、ロサンゼルス、シアトル、モントリオール、上海、成都に支社がある。これまでに、大ヒットゲーム「王者栄耀(Honor of Kings)」をはじめ、「Speed Drifters」や「Arena of Valor」などを開発している。また、「Call of Duty: Mobile」やポケモンの初となる戦略的チームバトルゲーム「Pokémon UNITE」などのAAAタイトルの制作にも関わっている。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録