自動運転技術開発「鑑智機器人」、数十億円超を調達 米AMDの元VPがCEOに就任

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

自動運転技術開発「鑑智機器人」、数十億円超を調達 米AMDの元VPがCEOに就任

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転用のセンシングソリューションを開発する「北京鑑智科技(PhiGent Robotics)」(以下、鑑智機器人)がこのほど、シリーズA+で数千万ドル(数十億円超)を調達したと発表した。 同時に、米半導体大手のアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の元グローバル・バイスプレジデント、単羿氏を共同創業者兼最高経営責任者(CEO)として迎えたと明らかにした。

鑑智機器人は2021年8月に設立され、3Dビジョンセンサなど次世代自動運転向けのソリューションを自動車メーカーと一次請け企業に提供。 同社はこれまで5回の資金調達を完了し、総額1億ドル(約135億円)近くを調達している。

自動運転技術開発「鑑智機器人」、3カ月で2度の資金調達

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録