世界モバイルゲームパブリッシャー売上高、トップ100に中国企業43社がランクイン 22年11月

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

世界モバイルゲームパブリッシャー売上高、トップ100に中国企業43社がランクイン 22年11月

game

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米調査会社センサータワーがこのほど、2022年11月の世界モバイルゲームパブリッシャー売上高ランキングの上位100社を発表した。中国からは43社がランクインし、売上高の合計は前月比11.3%増の20億7000万ドル(約2800億円)となり、上位100社の合計の40.2%を占めた。中国勢のトップ2は、騰訊遊戯(テンセントゲームズ)、米哈遊網絡科技(miHoYo)の順だった。

テンセントゲームズが11月上旬、2Dシューティングゲーム「勝利の女神:NIKKE」を海外市場向けに発売した。同ゲームは日本、韓国、米国の11月のモバイルゲーム売上高ランキングで、それぞれ1位、3位、18位を獲得。売上高は1億ドル(約136億円)を上回った。同ゲームにけん引され、同社の11月の売上高は前年同月比で20%増加した。日本市場では、モバイルゲームパブリッシャー売上高ランキングでコナミ、スクウェア・エニックス、バンダイナムコに続き4位にランクインした。

miHoYoは11月2日、オープンワールド型アクションRPG「原神(Genshin)」のバージョン3.2をリリース。同日、22年最高の売上高を記録した。同社の11月のモバイルゲーム売上高は前月比47%増となり、世界モバイルゲームパブリッシャー売上高ランキングで、テンセント・ゲームズ、米アクティビジョン・ブリザードに次ぐ3位に入った。

*12月7日のレート(1元=約19.6円、1ドル=約136円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録