テンセント、EVのNIOと提携 自動運転向けのクラウドインフラを共同構築

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

テンセント、EVのNIOと提携 自動運転向けのクラウドインフラを共同構築

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国IT大手の騰訊控股(テンセント)は11月28日、新興電気自動車(EV)メーカー「蔚来汽車(NIO)」と戦略的提携契約を締結した。両社は自動運転クラウドやスマートドライビング向けマップの分野で緊密な協力を進める。

テンセント傘下のクラウドサービス「騰訊雲(テンセントクラウド)」は、NIOが自動運転の開発・運用で必要とする大規模なデータストレージ、コンピューティングおよびモデルトレーニングをサポート。スマートカー向けのハイブリッドクラウド・インフラストラクチャーを共同構築する。

また、テンセントはスマートモビリティに特化したクラウド地図サービス「騰訊車図雲」などを提供し、NIOが独自のナビゲーション補助機能「NOP(Navigation on Pilot)」の安全性を確立できるよう支援する。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録