中国BYD、インドで電動SUV「ATTO 3」ラインオフ 23年は1万5000台生産

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国BYD、インドで電動SUV「ATTO 3」ラインオフ 23年は1万5000台生産

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)のインド法人「BYD India」が12月3日、インド南東部にあるチェンナイ工場で、電動SUV(多目的スポーツ車)「ATTO 3」のラインオフセレモニーを開催した。

同工場は、部品の組み付けだけを行うセミノックダウン(SKD)方式での生産を行う。2023年はATTO 3を1万5000台、MPV(多目的車)「e6」を2000台生産し、インド市場の需要に応える計画だ。さらに今後の販売拡大に備え、生産能力の増強を積極的に検討するという。

BYDは今年10月、インドのニューデリーで開いたブランド発表会で、同国乗用車市場への正式参入とATTO 3の発売を発表していた。

BYD、1月〜10月の新エネ車販売台数世界首位に 300万台目をラインオフ

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録