BYD、1月〜10月の新エネ車販売台数世界首位に 300万台目をラインオフ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社注目記事

BYD、1月〜10月の新エネ車販売台数世界首位に 300万台目をラインオフ

続きを読む

【新華社深圳11月17日】中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)は16日、累計300万台目となる新エネルギー車(NEV)をラインオフしたことを明らかにした。新エネ車の1~10月の累計販売台数は前年同期比3.4倍の139万台となり、世界首位に立った。

同社発表によると、1台目から100万台目までは13年を要したが、100万台目から200万台目まではわずか1年、200万台目から300万台目まではわずか半年で達成した。

同社はここ数年、ハイブリッドと純電気自動車の分野で、車載用リチウムイオン電池「ブレードバッテリー」、電気をメインとするハイブリッド技術「DM-iスーパーハイブリッドシステム」、EV専用設計の「eプラットフォーム3.0」、バッテリーモジュールと車体構造を一体化した「CTB」などの最先端技術を開発してきた。

現在、同社の新エネ大型バスは世界70以上の国と地域の400以上の都市で販売され、新エネ乗用車もノルウェーやドイツ、日本、タイ、ブラジルなどの市場に進出している。同社は今後も世界市場を開拓して「グローバル生産・グローバル販売」の実現に努める方針を示している。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録