中国EV「NIO」、30万台目をラインオフ 世界展開を加速

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業編集部お勧め記事注目記事

中国EV「NIO」、30万台目をラインオフ 世界展開を加速

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の新興電気自動車(EV)メーカー「蔚来汽車(NIO)」が12月12日、公式サイトで30万台目のラインオフを発表した。同社は4月末に20万台目のラインオフを発表していた。7カ月で10万台の生産は、中国の高級EVメーカーで過去最速となる。

中国では新エネルギー車が急速に普及しており、2019年に5.9%だった普及率は22年11月には27.4%に達している。NIOは22年1~11月の成約価格40万元(約790万円)以上の高級EV市場で、7割以上のシェアを獲得した。

同社は22年10月、ドイツ、オランダ、デンマーク、スウェーデンでのサービス開始とスマートEVセダン「ET7」の納車開始を発表した。現時点で、世界各地に設けられたユーザー向けラウンジ「NIO House」とショールーム「NIO Space」は計395カ所となっている。バッテリー交換ステーションは1263カ所、充電ポールは1万2785基に上る。このほか、利用可能なサードパーティーの充電ポールは99万8000基余りとなっている。

中国EVのNIO、7~9月期は増収大幅減益

*22年12月16日のレート(1元=約19.8円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録