中国CATL、ドイツ工場で電池セルの量産実現

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社大企業注目記事

中国CATL、ドイツ工場で電池セルの量産実現

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社上海12月23日】中国車載電池大手の寧徳時代新能源科技(CATL)は21日、ドイツ・テューリンゲン州に建設した同社初の海外工場で、リチウムイオン電池セルの量産を計画通り実現したと発表した。これは同社がグローバル展開において、一里塚となる大きな進展を遂げたことを示している。

今回量産を実現したのはドイツ工場G2棟に設置された第1号生産ラインで、他の生産ラインでもフル稼働実現を目指し、設置・調整・試運転が全力で進められている。量産された電池セルはCATLの海外向け製品に課せられるすべてのテストを通過しており、これは同社が欧州顧客向け製品を現地で生産し、供給する能力を備えたことを意味する。

CATLドイツ工場は今年4月、テューリンゲン州から8ギガワット時分の電池セル生産許可を取得した。ドイツ工場の総投資額は計画ベースで18億ユーロ(1ユーロ=約140円)、生産能力は計画ベースで14ギガワット時に上り、将来的には地元に2千人の雇用をもたらすとみられる。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録