フォックスコン鄭州工場、生産能力が約7割まで回復 iPhone 14 Proの待ち時間が大幅短縮

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

フォックスコン鄭州工場、生産能力が約7割まで回復 iPhone 14 Proの待ち時間が大幅短縮

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

電子機器受託製造(EMS)大手「富士康科技集団(Foxconn Technology Group、以下フォックスコン)」の河南省・鄭州工場の生産能力が現在7割程度まで回復し、iPhone 14 Proシリーズ購入の待ち時間が短くなっているという。海外メディアが12月30日、アナリストやサプライチェーン関係者からの情報を引用し伝えた。

これまでの厳しい行動制限を課す「ゼロコロナ」政策により、iPhone Proシリーズの主要生産拠点である鄭州工場に多大な影響が出ていたが、現在徐々に正常な状態に戻りつつある。

iPhone14の8割を量産する中国・鄭州フォックスコンで非常事態。その影響は

米JPモルガン・チェースによると、米国でiPhone Proの最新機種を注文する際の待ち時間は最大40日ほどだったが、米中両国のアップル公式サイトでは現在、1~2週間程度と表示されている。アナリストやサプライチェーンに詳しい関係者によると、鄭州工場のiPhone生産部門はすでに回復し、現在7割程度の生産能力で稼働しているとのこと。また、同社は生産能力のさらなる回復に取り組んでいる。

一方、市場調査会社のトレンドフォースは、労働力不足が中国のサプライチェーンに影響を及ぼしており、2023年1~3月期におけるiPhoneの出荷台数は、前年同期比22%減の約4700万台で、10月下旬に発表した予想値5600万台を下回ると予想している。

アップルはサプライチェーンの多様化を図るために、インドやベトナムなど、中国以外の地域にもサプライチェーンを拡大していくことを中長期的な目標として検討しているという。

(36Kr Japan編集部)

中国、入国者隔離の終了発表で国際航空券の検索急増 一番人気は日本

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録