22年中国スマホ販売、3億台割れの約2億5500万台 15年以降で過去最低 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

特集注目記事

22年中国スマホ販売、3億台割れの約2億5500万台 15年以降で過去最低 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の調査会社「CINNO Research」のリポートによると、中国市場における2022年のスマートフォン販売台数は、前年比19%減の2億5500万台程度にとどまった可能性がある。3億台を割り込んで、15年以降では過去最低となる見込み。各四半期の販売台数はいずれも前年同期割れで、減少幅は14〜21%だった。

23年は、短期的には新型コロナウイルス流行の影響で消費者需要が減退し、上半期中はその影響が残るものの、下半期には徐々に好転していく見通しだという。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録