中国格安EVの五菱宏光MINI、22年の販売台数55万に 28カ月連続首位を維持

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

新華社編集部お勧め記事注目記事

中国格安EVの五菱宏光MINI、22年の販売台数55万に 28カ月連続首位を維持

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

【新華社北京1月19日】中国自動車大手の上海汽車集団傘下で米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)などが出資する格安な上汽通用五菱汽車は17日、2022年の自動車販売台数は前年比3.6%減の160万7台だったと発表した。うち新エネルギー車(NEV)は33.0%増の60万台を超えた。

小型電気自動車(EV)「五菱宏光MINI EV 」の販売台数は純電気自動車(BEV)部門で首位に立ち、累計販売台数は55万台を超え、中国ブランドのBEVとして販売台数で28カ月連続首位を維持した。

中国で大人気の小型EV「宏光MINI」、日本上陸か

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録