中国産テスラ「モデルY」、レーダーを廃止 カメラで運転支援へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

大企業注目記事

中国産テスラ「モデルY」、レーダーを廃止 カメラで運転支援へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)はこのほど、中国産「モデルY」について登録されている情報の変更申請を行った。変更後は「レーダー無し」の記載が追加され、新たに海外バージョンのモデルYと同じ、レーダーを排除しカメラのみを用いた「ピュアビジョン」ソリューションが採用された。

テスラはカメラだけで車両周辺の環境を分析し自動運転を実現する「テスラビジョン(Tesla Vision)」への移行を発表しており、モデル3とモデルYが移行した後、モデルSとモデルXもこれに続くものとみられる。すでに普及しているテスラビジョン搭載型のモデル3とモデルYから判断すると、自動運転支援の性能は、ミリ波レーダーを搭載した旧モデルと遜色ないようだ。

【動画】テスラ車、また制御不能による暴走事故か 中国でバスなどに激突し2人死傷

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録