日産出資の中国自動運転ユニコーン「ウィーライド」、米IPOを計画か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ編集部お勧め記事注目記事

日産出資の中国自動運転ユニコーン「ウィーライド」、米IPOを計画か

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転技術を手掛ける中国スタートアップ「文遠知行(ウィーライド、WeRide)」が、米国にて新規株式公開(IPO)を内密に申請した。米ブルームバーグが報じた。最大5億ドル(約670億円)の調達を目指しているという。

ウィーライドは2022年3月、シリーズDで4億ドル(約530億円)を調達し、評価額が約44億ドル(約5900億円)となった。同社はルノー・日産・三菱アライアンスのほか、広州汽車集団(GAC Motor)、独ボッシュ、米投資ファンドのカーライル・グループなどから資金を調達しており、ボッシュとは自動運転ソフトウェアを共同で開発した。

17年に設立されたウィーライドは、自動運転レベル4(特定条件下での完全自動運転)の世界的リーディングカンパニー。世界25以上の都市で自動運転の研究開発やテスト、運営を行っており、自動運転による走行距離は累計で1500万キロメートル以上。同社の技術はモビリティ、貨物輸送、環境衛生の分野で実用化されており、主力商品およびプロダクトはロボタクシー、ロボミニバス(無人運転バス)、ロボバン(タウンユースの自動運転物流車)、ロボスイーパー(無人運転路面清掃車)、高度運転支援ソリューションなど。

日産、中国・蘇州で自動運転タクシー実験 25年に商用化目指す

*23年3月15日のレート(1ドル=約134円)で計算しています。 

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録