自動運転車両の位置をセンチメートル単位で提供 アリババ傘下高精度情報サービス「千尋位置」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

自動運転車両の位置をセンチメートル単位で提供 アリババ傘下高精度情報サービス「千尋位置」

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転車が自車の位置を確認するには高精度の位置情報が必要だ。高精度の位置情報は自動運転時代のインフラと言えるだろう。

「千尋位置網絡(Qianxun SI)」は中国国内トップの高精度位置情報サービス企業だ。同社は過去2カ月以内にモビリティ関連のテック企業「華人運通(HUMAN HORIZONS)」、「中国第一汽車集団有限公司(China FAW Group Corporation)」の高級車ブランド「一汽紅旗」と、スマート運転技術と通信技術「V2X」において提携すると発表。千尋位置が開発に関わった華人運通の初代量産車を7月末に発表した。2020年には本格的な量産体制に入るという。そして千尋位置の「車線レベル位置情報ソリューション」を搭載した一汽紅旗の車種も2020年に発売予定だ。

千尋位置によると、車線が短く不規則、道路に明らかな目印がない、カーブが大きいなど位置情報を取得しづらい状況下でも提携しているスマートカーに正確な位置情報を提供できるという。

同社は2015年8月、「中国兵器工業集団(CNIGC)」とアリババグループが共同で設立。中国が独自開発した「北斗衛星測位システム(BeiDou Navigation Satellite System)」に基づく位置データ(GPS、GLONASS、Galileoとも互換)から、全国至る所にある地上型衛星航法補強基地局及び自社開発した位置情報アルゴリズムを利用し、インターネット技術でビッグデータの演算を行うことで、全国のユーザーに動態でセンチメートル単位、静止状態ではミリメートル単位で位置情報と関連サービスを提供している

千尋位置は今年6月に上海で開催されたテクノロジーショー「CES Asia 2019」において低速自動運転車両量産化をサポートする高精度位置情報ソリューションを発表。アリババ傘下の物流サービス「菜鳥(CAINIAO)」、自動運転関連企業の「智行者(IDRIVERPLUS)」、「新石器(NEOLIX)」、「主線科技(TrunkTech)」がいち早くこのソリューションを無人物流、無人清掃、無人販売、無人輸送などのシーンで利用している。

出典:千尋位置

同社によると、このソリューションは「サービス、ハードウェア、アルゴリズム」が一体になっており、「千尋知寸(FindCM)」のセンチメートル級の位置情報サービス、オーダーメイドの高精度位置情報端末、千尋位置が開発したアルゴリズムを総合的に応用しているという。提携メーカーが千尋位置のオーダーメイド版高精度位置情報端末を低速自動運転車に設置するだけで、車両の検知システムは常にセンチメートル単位の精度の位置情報を利用できるという。

千尋位置のスマート運転事業部のシニア製品マネージャーである紀俊逸氏によると、このソフト・ハードウェア一体の総合的なソリューションを採用すれば、提携企業は高精度の位置情報端末とサービスを別々に勘案する必要がなくなり、ワンストップで位置情報能力のレベルアップができるという。同時にコストも半減できる。販売価格は1000元(約1万6000円)前後だという。

智行者CEOの張徳兆氏によると、同社のレベル4(限定されたエリアで完全自動運転)低速自動運転車はすでに量産化に取りかかっており、千尋位置の高精度位置情報ソリューションを導入した車両は1000台を超える見込みだという。このソリューションによって数百万元(数千万円)のコストを削減できるという。

新石器CEOの余恩源氏によると、千尋位置のこのソリューションは製品統合のハードルを下げるだけでなく、新石器のレベル4の無人運転自動車の製品の運営とメンテナンスに大きな利便性をもたらすという。同社の無人運転自動車はすでに納車段階にあり、今後も千尋位置とはより密に連携していくという。

千尋位置スマート運転事業部の総経理である年勁飛氏は36Krに対して、高精度位置情報サービスの市場は非常に大きいと語った。IoT(モノのインターネット)時代においては「全てのモノの位置がわかる必要がある」からだ。
(翻訳・山口幸子)

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録