ホテルチェーンブランド「軽住(Qingzhu)」 セコイアなどから数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ホテルチェーンブランド「軽住(Qingzhu)」 セコイアなどから数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国国内の既存ホテル向けに、オン/オフラインでの全面改装を請け負い、運営管理サービスも手掛けるホテルチェーンのブランド「軽住酒店(Qingzhu)」が、今年上半期に3度の資金調達を行い、累計で数千万ドル(数十億円)を調達した。出資者は「源碼資本(Source Code Capital)」、「XVC」、「セコイア・キャピタル・チャイナ・シードファンド」。財務アドバイザーは「浅月資本」が務めた。軽住は2019年1月に設立。軽住創業者の趙楠CEOによれば、同ブランドには現在2000軒のホテルが加盟しており、2019年末には4000軒に達するとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録