超精密3Dプリンターの「摩方材料」:シリーズA+で約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

超精密3Dプリンターの「摩方材料」:シリーズA+で約15億円を調達

続きを読む

最高精度2μmの超精密3Dプリンターシステム「Nanorch」で知られる「摩方材料(BMF Precision Technology)」が、シリーズA+で1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「海通証券(Haitong Securities)」傘下の基金、コ・インベスターは「松禾資本(Green Pine Capital Partners)」、「張家港基金(Zhangjiagang Fund)」、「中国建設銀行(China Construction Bank)」など。財務アドバイザーは「雲沐資本(Yunmu Capital)」が務めた。摩方材料は2016年に設立。。同社の製品は既にイギリス、ドイツ、アラブ首長国連邦などに輸出されており、「3M」、「アンフェノール」、「GEヘルスケア」、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」、「デンソー」、「メルク」など、「フォーチュングローバル500」企業を初めとする十数カ国、約400社と提携している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手