中国発格安EC「Temu」、24年のGMV目標は4兆4000億円 米「スーパーボウル」に2回目のCMも

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

EXCITEのRSSに登録大企業注目記事

中国発格安EC「Temu」、24年のGMV目標は4兆4000億円 米「スーパーボウル」に2回目のCMも

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国発の格安越境EC「Temu(ティームー)」が、2024年のGMV(流通取引総額)目標を、23年の2倍以上の300億ドル(約4兆4000億円)に設定したことが分かった。中国の経済メディア「晩点(Latepost)」が報じた。

Temuは24年、米グーグルへ23年よりもはるかに多い広告予算を投じるとみられるが、具体的な予算額はまだ明らかになっていない。また、すでに米プロフットボールNFLの王座決定戦「スーパーボウル」のプロジェクトチームと接触し、24年2月に開かれる第58回スーパーボウルでのパートナーシップについて話し合っているという。23年2月に開かれた第57回スーパーボウルでは、1400万ドル(約21億円)を投じて30秒の広告枠を2つ購入し、CMを放映した。スーパーボールのCM料としては過去最高額となったことで大きな話題を呼んだ。

巨額のマーケティング支出を惜しまない姿勢と驚異的な低価格戦略により、Temuはこの1年余りで世界47カ国への進出を果たした。米国では現在、最も人気のあるアプリの1つとなっており、App StoreやGoogle Playのダウンロード数ランキングでは長期間にわたって1位の座を維持している。

日本でも急速に人気を獲得し、注目を集めている。米調査会社「data.ai」がまとめたデータによると、日本のショッピングアプリのダウンロード数ランキング(7月1日〜11月2日の124日間)で、Temuが首位となったのは計101日だった。11月上旬時点の累計ダウンロード数は400万回を記録した。

日本進出4カ月、中国発格安EC「Temu」がDL数400万超 メルカリやSHEINを上回る

Temuの23年のGMVは140~150億ドル(約2兆1000億~2兆2000億円)となる見込みだが、この数字はライバルのSHEINが22年に米国市場だけで獲得したGMVとほぼ同等だ。そして現在、Temuは24年のGMV目標を300億ドルに設定し、ライバルのSHEINに肩を並べようとしている。SHEINの22年のGMVは300億ドルだった。

わずか1年間で47カ国に拡大 中国発の格安越境EC「Temu」、GMV150億ドルの年間目標達成へ

*2023年12月1日のレート(1ドル=約148円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録