スタートアップ特集

【動画特集】わずか4年間でユーザー数が4億人超 ソーシャルEC拼多多の成長の秘密とは

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

拼多多(Pinduoduo、ピンドゥドゥ)は共同購入型のソーシャルECプラットフォームだ。

地方都市市場の莫大な消費ポテンシャルを味方につけ、20159月の創業からわずか3年間でナスダック上場をなし遂げた。EC二大巨頭(アリババ、京東)の地位を脅かす存在として、創業2年後で1000億元(約15000万円)を突破し、20196月末時点のGMV7091億元(約106300億円)で京東の60%に及ぶ。

20199月、同社の時価総額は初めて400億ドルの大台を突破した。IT企業としてアリババ、テンセント、美団点評(Meituan-Dianping)、京東(JD.com)に続き、時価総額で引き続き中国第5位につけた。

こんな短時間になぜ爆発的な成長ができたのか、動画でチェックしよう。

編集:Ai

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録