アップル、中華圏で売上高13%減少 クックCEO「iPhone人気が衰えたわけではない」

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

EXCITEのRSSに登録大企業注目記事

アップル、中華圏で売上高13%減少 クックCEO「iPhone人気が衰えたわけではない」

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップルが発表した2023年10~12月期決算によると、中国本土、香港、台湾を合わせた「中華圏」の売上高は、前年同期比13%減の208億ドル(約3兆1000億円)となった。

2月発売のアップル「Vison Pro」、中国の「偽物の聖地」で既に出回る

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は決算発表のカンファレンスコール(投資家向けの電話会議)で、23年10~12月期はiPhone事業が好調で、中国の都市部では4機種がスマートフォン販売台数のトップ6に入ったと説明。中華圏での売上高減少は経済全体の問題を反映したもので、「iPhone人気が衰えたわけではない」と述べた。

市場調査会社「Canalys」によると、23年10~12月期のiPhoneの中国出荷台数は1750万台で、中国スマホ市場トップだった。また、市場調査会社「Counterpoint Research」によると、中国出荷台数は前年同期比で9%減少したものの、市場シェアは20.2%で中国首位を維持している。

*2024年2月6日のレート(1ドル=約148円)で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録