中国、スナック菓子の巨大ディスカウントチェーン誕生。「鳴鳴很忙集団」の運営店舗数が1万店突破

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

スタートアップ注目記事

中国、スナック菓子の巨大ディスカウントチェーン誕生。「鳴鳴很忙集団」の運営店舗数が1万店突破

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国のスナック菓子店チェーンで、初めて1万店以上を擁する企業が生まれた。中国の格安スナック菓子店「趙一鳴零食(SUPER MING)」と「零食很忙(BUSY FOR YOU)」の合計店舗数が6月12日、1万店を突破した。

2017年に湖南省長沙市で創業した零食很忙と、19年に江西省宜春市で誕生した趙一鳴零食は、23年11月に合併し、零食很忙集団(Busy For You Group)が設立された。同社は1万店を達成した6月12日、「鳴鳴很忙集団(MMHM Group)」への改称を発表した。

零食很忙集団は3月19日、趙一鳴零食と零食很忙の合計店舗数が7500店余りに達し、総売上高は200億元(約4400億円)を超え、来店客数は延べ6億人以上、フランチャイズオーナーおよび従業員の数は1万2000人以上になったと発表していた。2ブランドの店舗数は3カ月足らずの間に2500店増加しており、1日当たり約30店が新たにオープンした計算になる。

中国で1万店以上をチェーン展開する企業には、コンビニエンスストアの「美宜佳(MEIYIJIA)」、フライドチキンの「正新鶏排(ジェンシンジーパイ)」、アヒル肉惣菜のテイクアウト専門店「絶味鴨脖(Juewei Duck Neck)」、アイスクリーム&ティードリンクの「蜜雪冰城(MIXUE)」、ファストフードの「華莱士(Wallace)」、コーヒーショップの「瑞幸咖啡(luckin coffee)」、火鍋用食材の「鍋圏食匯(Guoquan)」などがある。

23年中国コンビニ業界、地元勢の拡大続く。日系1位はローソン、ファミマはトップ10圏外に

*1元=約22円で計算しています。

(36Kr Japan編集部)

7月1日より、これまで36Kr Japanのメディアで提供していた記事のうち、一部スタートアップ企業に関するニュースについては、有料コンテンツサービス「CONNECTO(コネクト)」の会員限定で提供します(初期段階では無料会員も対象とします)。まだ登録されていない方は、ぜひそちらをご利用ください。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連記事はこちら

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録